専業主婦でも使える便利な頼れるカードローンとは何か

専業主婦でもカードローンは使える

カードローンは昔はサラ金などと呼ばれていたように、どちらかと言えば収入を得ている方、サラリーマンを対象としたサービスでした。とは言っても昔の消費者金融も主婦の方でも借りていたので、必ずしもサラ金=サラリーマン限定というわけではありませんでした。

 

 

時は流れて今ではサラ金と呼ばれることもなくなった消費者金融は、イメージの回復がされましたがその代わりに利用対象が狭くなってしまっています。貸金業法が改正されたためで、年収の3分の1までの借り入れに制限され、主婦の方でも自身に収入を持たない専業主婦の方は消費者金融は利用できなくなってしまいました。

 

となると専業主婦の方はどこからもお金が借りられないのかというと、そうではありません。消費者金融が借りられないだけで、専業主婦でも借りられるカードローンはあります。安心して借りられる金融機関のカードローンとなりますので、お金に困ったときには専業主婦対応カードローンを利用するようにしましょう。

 

専業主婦でも借りられる来店不要のカードローンと言えば、メガバンクで借りるみずほ銀行の主婦カードローンで決まりです。

 

専業主婦はお金のトラブルも多い

専業主婦には自身の収入がありませんが、そんな専業主婦が家計のやりくりをしている家庭は多いです。今月は出費がかさんで生活が苦しい、子供の養育関連でまとまったお金が必要になった、夫の急な出張で宿泊費を求められた、他にも色々なお金のトラブルの発生が考えられます。

 

いつでも対応できるのであればいいのですが、定期預金を崩してまでお金を工面するよりも、カードローンのカード1枚あれば、融通の利く場面は多いです。カードローンなら、必要な時にいつでも手軽に現金を借入れできます。分割で返済していけばいいので、賢く使うならとても便利なカードです。今は金利も低くなり、使い勝手もよくなっています。

 

専業主婦はカードが持てない?

消費者金融のカードローンのCMを見ていると、誰でも簡単に利用ができそうですが、実は専業主婦への貸付けは実質的に行っていません。アコムやプロミス、レイクなどの大手でも、昔は専業主婦への貸付けも行っていました。

 

しかし今は、総量規制という法律によって、年収の1/3を超える金額の貸付けが禁止され、最高金利も20%まで実質的に引き下げられました。年収のない専業主婦は消費者金融のカードローンが利用できません。

 

厳密には、配偶者の同意さえ取れれば、配偶者の年収を申告してカードローンの契約は可能です。ただし、それは総量規制の法律の話であって、消費者金融側は専業主婦への貸付けを断っているのが現状です。最高金利引き下げによって、消費者金融も審査を厳しくせざるを得ない状況になりました。

 

消費者金融側からすれば、金利が下がった分、貸付金を確実に回収しなければいけません。また、専業主婦へのカードローン契約について、同意書が必要になるなど、経費も余計にかかります。

 

専業主婦がカードローンを利用するには、消費者金融は選択肢に入れるべきではありません。

 

専業主婦でも借りられるカードローンとは

カードローンの取り扱いについては、消費者金融の専売特許ではありません。例えば銀行でもカードローンは取り扱いしています。しかも、銀行は総量規制の対象外なので、年収の1/3までの借入れという縛りがありません。

 

もしも専業主婦でカードローンを申込むならば、銀行などの、消費者金融以外のカードローンを探すのが正解です。しかも、銀行のカードローンの方が、消費者金融のカードローンよりも低金利な傾向にあります。銀行以外にも、信用金庫のカードローンでも専業主婦でも借りられる場合が多いです。

 

ただし銀行のカードローンだからと言って、絶対に専業主婦が借りられるわけではありません。中には銀行のカードローンでも専業主婦が借りられないオリックス銀行カードローンの利用条件もありますので、申し込みをする前には専業主婦に対応しているかをよく調べておきましょう。